【おひるどき】漫画ネタバレと感想!らーめんのびちゃう…カップ麺が出来上がるまでブルマー姿で先生とゴムなしラブラブ生エッチ!

おひるどきの概要ネタバレ

お腹が空いたから駅前のラーメン屋に行こうとおねだりする詩織。

誰かに見つかると面倒だし並んでいるだろうし…

と先生はやんわり断るが、詩織の押しに負けてしまう。

ラーメン屋に行く前にもう一度エッチしようと誘惑する詩織。

詩織をブルマーに着替えさせイチャイチャ。

ブルマーを恥ずかしがる詩織に先生はキスをして、詩織の小さなお尻をむにむにと揉みしだく。

体操服がめくられ、乳首があらわになる。

胸が小さいことを気にする詩織だが、先生はいとおしそうに詩織のビンビンに勃った乳首を吸う。

詩織はお返しするかのようにフェラをし、挿入。

ラーメンそっちのけで味わうようにセックス。

出かけるのはあっさり諦め、カップ麺が出来上がるまでの3分間、ゴムなしエッチすることになり…

 

おひるどきのネタバレ

ナマでエッチすることにあまり抵抗がない詩織。

先生とゴムなしのセックスを望んでいるのかも。

3分だけ…と時間を決めたはずなのに、二人はどんどん盛り上がり、エッチな気分になっていく。

ゴムはついさっき使い切ってしまったため、今からセックスしていいか少しためらう先生。

詩織は、ナマでセックスしようよと先生を誘惑する。

体操服の上から詩織の乳首をコリコリしたり手マンをしたりしていくうちに、先生の興奮はもう止まらない。

先生は、詩織のおねだりやお願いにはどうも弱いよう。

詩織も気持ちよくなってきたのか、大胆にM字開脚で喘いで、マン○はもう濡れている。

カップ麺はもう出来上がっているのに、セックスに夢中で気づかない二人。

完全に二人だけの世界に入ってしまう。

バックで必死に腰を振る先生。

二人の吐息と粘膜がこすれる音だけが部屋中に響く。

ラーメンがのびてしまう…

けどあと少しで終わるから…

と気持ちよすぎてもう腰が止まらない。

ラーメンが出来上がる時間を頭では気にしつつも、体は離れたくなくて先生と詩織は一生懸命くっついてセックスする。

もうこのまま中出しがいい…

と先生は背面側位で詩織を後ろからぎゅっと抱きしめ、奥まで突く。

最初、先生は生セックスに少し抵抗があるようだった。

でも、ゴムなしのセックスがあまりにも気持ちよくて先生も中出しがしたくなり、必死になって腰を動かす。

先生に応えるかのように甘い声で喘ぐ詩織。

我慢汁なのか愛液なのかどっちかわからないほど結合部はグショグショ。

先生の勃起したチン○が詩織の濡れたマン○を容赦なく突き上げる。

背面騎乗位で自分から動く詩織はもうイきそうで、先生にもたれかかる。

先生はそんな詩織を後ろから優しく抱きしめ、下から一気に突く。

一緒にイこうとする二人。

詩織の喘ぎ声がだんだん大きくなっていく。

一滴残らず詩織のナカに精液を出そうと先生は夢中で腰を動かす。

詩織、詩織…と先生はいとおしそうに何度も名前を呼ぶ。

詩織の目はトロンとなって涙をうっすら浮かべ、よだれを垂らし、快感に震えている。

大量の精液が詩織の子宮に注ぎ込まれる。

詩織のマン○が先生の精子を求めるかのようにキュウキュウと締め付ける。

中出ししたあとも、二人はベッドの上で抱き合ってイチャイチャ。

甘々でラブラブなキスをいっぱいして生セックスの余韻を味わう。

幸せな二人は体を寄せ合い、時間をすっかり忘れて唇を重ねる。

詩織は、ふとラーメンのことを思い出した。

エッチに夢中になってしまったせいで、お湯を注いだままカップ麺を放置してしまったのだ。

3分どころではない。

麺は完全にのびきってしまった…

詩織は、明日駅前のラーメン屋に行くことを先生と約束し、のびておいしくないラーメンをすするのだった。

 

おひるどきの感想

先生と詩織の二人だけのラブラブな世界が素敵で、憧れてしまいました。

始めはナマでセックスすることを少しためらうように見えた先生も、どんどん詩織に中出ししたい欲求が高まる様子がたまらなかったです。

お互いがお互いを求めあって必死に体を動かしているのがとてもよかったです。

先生と詩織がラブラブで愛し合っているのが伝わってきて、読んでいて幸せでした。

詩織は甘え上手で可愛いです。

普段、先生は詩織の言うことには弱いのですが、セックスする最中は先生が主導権を握っているという関係性がとても可愛らしかったです。

セックスしたあと抱き合って何度もキスしているのが幸せいっぱいで、うらやましくなりました。

詩織が先生とおいしいラーメンを食べられるといいなと思いました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事